教室理念

英語は「伝いたいこと」を伝えるメッセージに過ぎません。 マコマミではツールとしての英語の完成を目指していることは もちろん、それだけでなく「伝えたいこと」を考えられる 人材に育てるための教育にも力を入れています。 楽しいことは当たり前。常にその先にあるものを目指しています。

maco mammy Englishでは 3つのCを
教育理念に掲げています。

1. 基本を徹底的に “ Complete ”

基本を徹底的に“ Complete ”

世界に羽ばたく人材へ

英語教育を通じて国際社会に通用する人材、世界に羽ばたく人材の育成を目指しています。

英語に関する環境が目まぐるしく移り変わる昨今ですが、求められている基本は変わりません。様々な情報に惑わされることなく基本を徹底的に鍛えていくことが大切だと考えています。 だからといって当校では押しつけやスパルタで教育をするわけではありません。子供たちが自然と興味をもって自ら進んで学習する姿勢を身に付けていただくことを心掛けています。ですので、子供たちは知らず知らずに英語が好きになっていきます。そして、英語の基本を楽しく自然に身に付けることができます。

2. 多文化交流の中心に “ Center ”

多文化交流の中心に“ Center ”

地域の外国人の方々との交流

箕面市にお住いの日本人と外国人の皆様との交流を通じて地域貢献をしていきたいと考えています。

特に教室の近隣には大阪大学外国語学部があり外国籍の方が多くお住まいです。外国人の方々は日本の文化を知りたい、なじみたい、日本人の友人をたくさん作りたいと考えている方が多くいらっしゃいます。そのような絶好の環境の中でマコマミは日本人と外国人の文化的・人間的交流の中心・連結点になりたいと思い、この場所に教室を開校することにしました。

3. 国際感覚を磨く “ Cultivate ”

3. 国際感覚を磨く“ Cultivate ”

国際交流イベント

国際感覚を磨くために数々の国際交流イベントを開催しています。

様々の人種の方の英語に触れて、そして、文化に触れて世界に目を向けることも重視しています。英語は世界共通言語であり、ネイティブといわれる英語圏に属する人だけのコミュニケーションツールではもはやなくなっています。非ネイティブの方とも英語でコミュニケーションを図る必要があります。 これからは英語を話せることは当たり前で英語で何を伝えるのかが非常に大切になっていきます。そのため、マコマミでは伝える内容を自分で考えられる人になっていくための教育に力を入れています。 また、夏休みには海外での文化・暮らしを実体験し、英語学習の必要性や今後の人生の気付きや指針になるようなホームスティを企画しています。2014年にはカナダへのホームスティが実現し多くの収穫がありました。

イベントの様子を見る→